尿漏れは相談で解決~早期相談で早期治療に~

先生

これからは切らずに治す

悩み

最も多い腹圧性とは

くしゃみをした瞬間に「あっ・・・」というイヤな感触、ある一定年齢以上になりますと、尿漏れに悩む女性が増えてきます。女性の尿漏れの主なものは腹圧性尿失禁と言うもので、ことに40代以上の女性に多く見られるものです。腹圧性尿失禁の特徴は、お腹に何か少し力のかかった時に、少量尿が漏れてしまうというものです。加齢などにより骨盤底筋の筋力が低下したことにより起きますので、骨盤底筋を鍛えることによって、ある程度は改善が期待できますが、1回に出る量が多い、日常生活に支障をきたす、などの状況がある場合には、専門のクリニックできちんと治療を受けた方がいいでしょう。これまでは重症の尿漏れの場合には手術による外科治療が主でしたが、今はメスを使わずに状態を改善する方法が開発されています。やはり、女性にとって尿漏れは重大問題です。1日も早く改善したいものです。

これからは切らずに治す

女性に多い腹圧性の尿漏れですが、これまでは症状が重くなると、骨盤底再建術などの外科手術が主な治療法でした。しかし、今これに代わるものとしてレーザー治療が注目を集めています。これは、レーザーを照射することによって骨盤周りの筋肉組織や膣を引き締めるものです。筋肉が引き締まると、ゆるみによって下がっていた内臓が引き上げられることによって腹圧がかからなくなり、尿漏れが改善できます。外科手術は患者の身体に負担がかかり、日常生活にも影響が出ます。しかし、このレーザー治療でしたら身体にはほとんど負担がかからず、仕事や日常生活に対する影響も最小限に抑えることが可能なのです。これからは、尿漏れはきちんと治療して治す時代です。そして、治すためになるべく快適な治療法を選択できる時代、と言えるのではないでしょうか。